ボランティア

ホームステイボランティア

公財)札幌国際プラザでは市民レベルの国際交流を 推進するためにホームステイ制度を設けています。
ホームステイは、国際交流を目的に外国から札幌を訪問する方々を家庭に迎え、家族ぐるみでの交流を通して、文化・習慣の違いを 相互に認識し、お互いの国や国民に対する理解と協力を積極的に進めるものです。

平成27年度受入実績(プログラム別)

平成21年度~27年度区分別受入状況

1968年~2015年ホームステイ受入実績(国別)

ホームステイとホームビジット

ボランティア家庭宅に宿泊をしながら交流を図る「ホームステイ」と、宿泊を伴わない家庭訪問を通して交流をする「ホームビジット」があります。ホームステイの期間はプログラムにより異なりますが、基本は3泊までの短期となっています。

こんな方をゲストとして受入れます

ホームステイやホームビジットをとおして国際交流を希望される方を受入れます。ただし、原則として札幌に受け入れ機関 があり、その機関の責任者等が保証人となって身元を保証する方々に限ります。
 なお、札幌圏外に在住の留学生、研修生、JETプログラム参加者などは、それぞれの所属機関の保証があれば、支障のない限り受け入れを行っています。

国際プラザのホームステイは市民のボランティアに支えられています

国際プラザのホームステイは海外からのゲストとの異文化交流を希望し、善意により受入を行うボランティアの方々に支えられています。

ボランティアとしてホームステイの受入をお考えの方へ

ホームステイの流れについて

まずは札幌国際プラザのホームステイ制度にご登録いただきます。国際プラザへホームステイの依頼があった際に、国際プラザよりご登録をいただいた方々に、郵送、電子メールなどでプログラムのご案内をします。ご案内の内容にはプログラムの趣旨、ホームステイの期間、ゲストの年齢、国籍、性別などが含まれます。ご案内をお読みの上で、受入を希望される場合に国際プラザの担当者宛にご家庭よりご連絡を頂きましたら、ご家庭の登録内容とゲストの情報等を照らし合わせて、担当者がどのゲストをどのご家庭にお願いするかを考え、再度ご家庭に確認し正式に受入をご依頼します。

受入の際にご協力いただくこと

ご案内する時間と場所にゲストをお迎えに来ていただきます。また、ホームステイの終了後はご案内する場所と時間にゲストをお送りいただきます。
ホームステイ期間中の夕食と朝食のご提供をお願いいたします。ご依頼の際にゲストのアレルギーなどの情報をお渡ししますので、ご家庭でもご配慮をお願いいたします。ホームビジットの場合には昼食、または夕食のご提供をお願いする場合があります。

費用について

宿泊経費
3泊4日までは無償で受入をお願いしております。ただし、 受入期間が4泊以上に及ぶ場合は家庭の負担が大きくなるため、初日にさかのぼり、1泊1,000円を宿泊経費の一部としてプログラムの依頼者または宿泊者が 負担します。費用は当プラザを通して支払われます。(※留学生対象のプログラムなど一部例外があります。)
送り迎えに係わる交通費
ゲスト送迎に係る家庭の交通経費一部として1,000円を受入家庭にお渡しします。これを依頼者または宿泊者に負担いただきます。
ボランティア保険について
3泊4日までのホームステイについては1家庭2名迄を対象にボランティア保険をおかけします。保険料はホームステイ依頼者の負担となります。4泊以上の受入の場合はボランティア保険の対象にはなりません。

登録の条件について

登録に当たりましては、同居のご家族全員のご了承が得られていることが条件となります。また、ホームステイの受入には、ゲストが宿泊のために専用で使用できる部屋が一部屋以上必要です。

登録の方法について

所定の登録用紙に必要事項をご記入のうえ、多文化交流部にご提出いただきます。登録は随時受け付けておりますが、原則的に一度札幌国際プラザまでご来館いただき、担当者より制度についての詳しいご説明を差し上げた上で、登録用紙を含む資料をお渡ししています。ご登録をお考えの方は事前にご連絡の上、平日の午前9時から午後5時30分の間にご来館ください。

「札幌ホームステイ協会」のボランティア活動について

札幌ホームステイ協会は、地域の国際化に寄与することを目的に、このホームステイ制度に登録した家庭を会員として、制度を側面から支えるさまざまな自主活動をしている団体です。会長、副会長、専門委員、地区幹事などから構成される役員会が中心となり協会の運営に当たります。主な活動として、①ホームステイの体験談などを掲載しているニューズレター「かけはし」の発行、②会員交流会、③料理などの研修会、ホームステイを紹介するフォト展等があります。行事毎に案内がありますので、積極的にご参加ください。協会の活動費として年会費1,000円の納付をお願いします。

平成24年3月に「札幌ホームステイ協会」公式ウェブサイト http://www.sapporo-homestay.sakura.ne.jp/を開設しました。
ボランティア自身によって運営されるこのウェブサイトでは、いきいきとした写真とともにホームステイボランティア活動の様子が紹介されています。

【お問い合わせ先】

多文化交流部 ホームステイ担当
TEL: 011-211-2105   FAX: 011-232-3833
E-MAIL: homestay@plaza-sapporo.or.jp

国際交流事業の一環としてホームステイを希望される依頼者の皆様へ

受入の対象について

受入の対象となるプログラムについては、事業の種類、規模、時期によって異なります。まずはご相談ください。
※個人旅行者の受入は行っておりません。

ホームステイ受入協力の申込方法

保証人となる受け入れ機関からプラザに、ホームステイ 依頼文(1)と事業の概要、滞在日程等を提出していただきます。 また、ホームステイする本人に、ホームステイ申込書(2)を 記入していただきます。
*(1)、(2)ともに、所定の用紙があります。様式はご相談を頂いた上で電子メール等で担当者よりお送りします。
  依頼文・申込書サンプル: (1)依頼者用(2)ゲスト用
*(2)には写真の添付をお願いします。

費用について

宿泊経費
朝夕食代を含む、宿泊に係わる経費は受入家庭の善意によりかかりません。ただし、 受入期間が4泊以上に及ぶ場合は家庭の負担が大きくなるため、初日にさかのぼり、1泊1,000円を宿泊経費の一部としてプログラムの依頼者または宿泊者が 負担します。費用は当プラザを通して支払われます。
送り迎えに係わる交通費
ゲスト送迎に係る家庭の交通経費一部として1,000円を受入家庭にお渡しします。これを依頼者または宿泊者に負担いただきます。
ボランティア保険について
3泊以下のホームステイの場合、受入家庭に札幌市社会福祉協議会の「ボランティア活動保険」 をかけることとし、その保険料(1名につき300円、1家庭につき2名まで、1年間有効)を各プログラムの依頼者に負担していただいて おります。保険加入に必要な書類をお送りしますので、手続きをお願いします

ホームステイをする際の心構えについて

ホームステイは異なる文化のもの同士が互いに理解を深める最良の手段とも言えるでしょう。それと同時にこうした国際交流は互いの国の印象さえ決めてしまう、非常に重要な意味を持ちます。受入れる側にもゲスト側にもそれを自覚するとともに、また広い心でホームステイに臨むことが必要です。国際プラザではホームステイをする側にも受入れる側にも快適なホームステイとなる様、ホームステイをする際のガイドラインを設けております。ご相談の際に依頼者の方にお渡しいたしますので、ゲストへの十分なご説明をお願いいたします。

【お問い合わせ先】

多文化交流部 ホームステイ担当
TEL: 011-211-2105   FAX: 011-232-3833
E-MAIL: homestay@plaza-sapporo.or.jp

北海道内の大学・高等専門学校に通う留学生の方へ

ホーム・スウィート・ホームステイとは

このプログラムは、地域の関係機関等の連携・協力により、官民一体となった留学生交流の促進を図るため、文部省所管の財団法人日本国際教育協会が、留学生交流に積極的に取り組む地域を「留学生交流モデル地域」として指定し、1998年から留学生受入の総合的な環境整備の推進等を目的として始まりました。 とくに北海道内で学習、研究に従事する外国人留学生が、希望する時期に道内各地でホームステイをする事を可能にするため、北海道内各地域の受入団体の賛同を得て実施してきました。

このプログラムを通じて、留学生に日本の生活文化を知る機会を提供し、家庭にはホームステイの受入を通した生の国際交流を体験して頂けるよう、さらに地域の国際化を推進することも目的としています。

留学生がこのサイトや大学等で情報を入手し、自分の所属する大学の窓口にホームステイの希望を出すことにより、各地域の受入団体を通して現地での登録家庭の紹介を受け、留学生が希望先でのホームステイを実現できるようなシステムとなっています。

 ※札幌国際プラザは、地域受入団体のひとつとして札幌圏のホームステイの受入手配を行うほか、(1)各年度のプログラム実績調査、(2)各大学へのホーム・スウィート・ホームステイ地域受入団体一覧の送付を行い、各地域受入団体と大学との連携が円滑に行われるよう、努めてまいります。

HSHイメージ図

対象

北海道内の大学、短期大学、専修学校、高等専門学校で勉学する留学生(道外留学生は対象外)

ホームステイ可能な地域(平成28年4月現在)

札幌圏・オホーツク圏・十勝圏など 「地域受入団体一覧」(216KB)をご参照下さい。

滞在日数・宿泊及び食費

地域によって異なります。※「地域受入団体一覧」(216KB)をご参照ください。 但し、ご家庭までの往復の旅費、及び現地での施設見学費などは留学生の負担です。

各種様式(参考)

平成26年度より、共通様式を廃止しました。申し込みの際には、下記の参考様式に限らず、各地域受入団体の定める様式をお使いいただいてかまいません。
  
  ・申し込みの流れと申込書記入例(529KB)  
  ・ホーム・スウィート・ホームステイ申込書(例)(Excel 30KB) 
  ・様式A (大学から地域受入団体への連絡)(Word 15KB)
  ・様式B (地域受入団体から受入家庭への連絡)(Word 14KB)
  ・様式C (地域受入団体から大学への連絡)(Word 15KB)
  ・留学生用注意事項「『ホーム・スウィート・ホームステイ』を利用する留学生の皆さんへ」(137KB)

【お問い合わせ先】

多文化交流部 ホームステイ担当
TEL: 011-211-2105   FAX: 011-232-3833
E-MAIL: homestay@plaza-sapporo.or.jp

新着留学生を迎える札幌圏の大学等の担当者の皆様へ

新着留学生ホームステイ制度とは

札幌圏の大学・高等専門学校に新しく通い始める留学生を対象に、ボランティア家庭の協力によるホームステイで滞在を始めることにより、以後の大学・札幌生活を快適に過ごすことができるよう、大学と国際プラザが共同で支援するものです。

大学・アドバイザー・国際プラザ・ホームステイ家庭の役割分担について

札幌国際プラザの役割<事業主体(家庭アレンジ)>
  • ・大学側への制度広報、調整
  • ・家庭への制度広報、調整
  • ・ホームステイアレンジ
  • ・家庭のボランティア保険を負担
大学側(留学生センター等)の役割<事業主体(留学生の連絡窓口)>
  • ・新着留学生(母国滞在中)へのプログラム説明、申込書の受付、回付
  • ・アドバイザー(新着留学生のサポート役:教官、学生、事務官、支援団体等)の手配
  • ・アドバイザー及び札幌国際プラザとの連絡調整
アドバイザーの役割<留学生のサポート>
  • ・到着した新着留学生と合流し、家庭に送り届ける(国際プラザと調整)
  • ・留学生のサポート(住居さがし、教科書購入ほか)
  • ・ホームステイ終了後、新居への移転アレンジ
家庭の役割
  • ・5泊6日までのホームステイ(朝・夕食提供)

申込方法と手続の手順

申し込みについては、大学等受け入れ機関からの申込みのみ受け付けます。留学生本人からのプラザへの直接の申込みは受け付けていません。下記の手順に従って手続を進めてください。

  • 1

    <大学側>
    外国人参加者を対象に設けられる受付デスクで受付業務をお手伝いします。ただし、現金の取り扱い等の責任を伴わない範囲とします。
  • 2

    <大学側>
    新着留学生(母国滞在中)から送付されたホームステイ申込書(様式A)を受付する(E-mailなど)。
  • 3

    <大学側>
    アドバイザーを設定し、チェックリスト(様式B)に必要事項を記入して、ホームステイ申込書(様式A)を添えて札幌国際プラザ及びアドバイザーへ送付する。(E-mailなど)(原則としてHS開始日の最低2週間前)。
  • 4

    <国際プラザ>
    家庭をアレンジし、チェックリスト(様式B・Word形式)(※様式B見本PDF形式)に必要事項を記入して、大学側とアドバイザーに送付する。家庭のボランティア保険手続きを行う。
  • 5

    <大学側>
    新着留学生とアドバイザーとの合流日時・場所、家庭到着予定時間を調整・確定し、チェックリスト(様式Bに必要事項を記入して、新着留学生、大学側、国際プラザに通知する(HSの10日前まで)。これを受け、国際プラザは家庭に必要事項を通知する。
  • 6

    <大学側>
    到着当日、留学生と対面し、指定時刻に家庭に送り届ける。ホームステイ期間中は、住居さがし、教科書購入ほか、留学生のサポートを行い、ホームステイ終了時には新居移転のサポートを行う。

新着留学生用のホームステイのガイドラインについて

新着留学生用に、ホームステイのガイドラインをご用意しておりますので、必ず留学生に読んでもらうようにしてください。

ホームステイのガイドライン

【お問い合わせ先】

多文化交流部 ホームステイ担当
TEL: 011-211-2105   FAX: 011-232-3833
E-MAIL: homestay@plaza-sapporo.or.jp