ボランティア

日本文化体験ボランティア制度

旧「札幌天神山国際ハウス」ボランティアが、国際ハウスの閉館に伴い、平成20年4月から当財団の日本文化体験ボランティア制度として移行し、登録されたものです。札幌国際プラザでは、異文化理解促進のために、学術会議や国際交流事業の機会にボランティアを派遣し、交流の場を提供しています。平成25年3月31日現在、46名の市民が日本文化体験ボランティアとして登録しています。