札幌市国際交流員

札幌市では、アメリカ・ドイツ・中国・ロシア・韓国・フランスの7名の国際交流員(CIR)が、札幌市の国際化の一翼を担っています。国際交流員は、市内外で開催される国際行事への参加のほか、公用文の翻訳・校正、通訳を始めとする応接の補助業務、さらには国際交流事業の企画・立案までも行って、札幌市の国際化推進に献身しています。また、異文化理解促進を目的として小、中、高等学校における「総合的な学習の時間」の支援のため、学校訪問や国際プラザ等での訪問学習受入の際の対応をしています。

※中国・韓国の国際交流員は現在不在です。新しい国際交流員の着任時期は未定です。

ジョシュア・クロッツ(アメリカ)

札幌の皆さん、こんにちは!

アメリカから参りましたジョシュア・クロッツと申します。父の仕事の関係で、アメリカとヨーロッパのいろいろな町で暮らしてきました。こうした多文化の環境で育ったおかげで国際交流の多彩な方法が身に付きました。

今年の6月にミネソタ州のカールトン大学を卒業しました。専攻は東アジア研究で社会言語学の専門でした。大学3年生の時、Associated Kyoto Program (AKP)という日本の留学プログラムを通じて、同志社大学で勉強しました。その留学プログラム通して、日本とその文化への興味がより深まりました。

趣味はアメリカンフットボールやラグビーなどのスポーツとクラシック音楽の演奏と鑑賞で、3年間カールトン大学のアメリカンフットボール部とシンフォニーとオーケストラ部の部員でした。その他、大学の書道部にも参加しました。写真を撮影することも好きですので、札幌の豊かな自然と街並みの風景をカメラに収めることをとても楽しみにしています。

どうぞよろしくお願いします。

マージェリー・ワイドマン(アメリカ)

札幌の皆さん、こんにちは!

はじめまして!アメリカワシントンD.C.のすぐ近くにあるメリーランド州のシルバースプリングから参りましたマージェリー・ワイドマンと申します。マージーと呼んでくださいね!インディアナ州のブルーミントンでのインディアナ大学で日本語・文化を専攻し、2016年5月に卒業しました。2017年7月から、札幌市観光・MICE推進課で国際交流員としてお仕事をさせて頂いています。

初めて日本に興味を持つようになったのは、おじいさんとおばあさんのおかげです。おじいさんは元パナソニック社員で、数十年前、よく日本への出張に行ったり来たりして、日本についてのストーリを話したり、写真も見せたりしてくれました。高校、大学の時にずっと日本語を勉強して、2014年から2015年まで名古屋市の南山大学に留学してから、将来に、絶対社会人として日本へ戻ると決めました。その夢を叶えることができたなんてまだまだ夢みたいです。札幌には2回目ですが、住むのは初めてなので、様々な楽しい所へ行ったり、美味しい食べ物を食べたり、イベントに参加したりするのを楽しみにしております!

昔から、外国語を学ぶことと多文化交流の重要さを強く感じていますので、できれば、この情熱を力にして、札幌の皆さんの味方、友達になりたいです。交流を通して、皆さんと一緒にもっと世界的な民族になれたらいいなと思っております。札幌の様々な魅力を世界中に知らせるように頑張っていきたいと思います!どうぞ宜しくお願い致します!

オリヴァー・ギール(ドイツ)

Servus! (「ゼアヴス」は、南ドイツでよく使われる挨拶です。) ドイツのミュンヘンから参りましたOliver Gierlと申します。2019年8月にドイツの国際交流員として着任しました。私はミュンヘン大学で日本学と中国学を専攻し、課外活動で日本学部の学生会長や日独交流会の主催などをしていました。

 私は中学校の頃から日本に憧れを抱いており、初めて日本に留学したのは17歳の時でした。当時は、まだ日本語があまり話せませんでしたが、高等学校に通いながら、日本語の勉強だけでなく、日本の日常生活のことも経験しました。1年間の留学があっと言う間に終わりましたが、まだ若い私にはかけがえのない思い出になりました。

 私はミュンヘン大学に入ってからも日本の大学に留学や東京ドイツ文化センターで研修などをし、自分の異文化理解力を高めてきました。日本だけでなく、国際交流で多くの国の人たちの文化や価値観を知ることができました。ドイツのミュンヘンでも、私は数年間に渡り、様々なイベントで国際交流の場を作り、異文化理解の推進に努めていました。 この度は、札幌で日本とドイツの架け橋になるために国際交流員として日独関係をさらに深めるように頑張っていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。

Coming soon(中国)

アリョーナ・フェシナ(ロシア)

Здравствуйте! ズドラーストヴゥィチェ!札幌の皆さん、こんにちは!アリョーナと申します。姉妹都市のノボシビルスクから参りました。

 私の日本との関係は高校生のときから始まりました。初めて日本語を聞いて、言葉がまるで歌のようだと思って、日本語を専門にしようと決めました。2014年に初めて札幌へ観光に来て、2017年に3ヶ月のインターンのために大好きな北海道に戻りました。

 学生時代から数年にわたって、日本人とのコミュニケーションを通じて、遠くにある日本にもロシア人の心を知りたい人、ロシア人と仲良くしたい人が多いのだと分かりました。そして、このお互いの希望を出来るだけ応援して、2か国の友好関係を広げるために頑張りたいと決めました。

 卒業後、ノボシビルスク市の「シベリア・北海道」文化センターに就職して、国際交流事業の準備をしたり、日本語を教えたり、子ども向けのイベントを担当したりしました。  ノボシビルスクと札幌の市民は固い絆で結ばれているので、この大事な姉妹都市関係を今後ともより深めたいと思います。日本語を学んでいる生徒たちの気持ちを思い出しながら、日本の方にもロシア文化に触れてもらえるように頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

Coming soon(韓国)

 

アリス・ルオ(フランス)

札幌市の皆さん、ボンジュール!

フランスのパリ近郊にあるオルメソン=シュル=マルヌ市から参りましたアリス・ルオ(Alice Rouaud)と申します。平成28年8月、札幌市に国際交流員として着任いたしました。文化部文化振興課に配属しております。札幌市が加盟しているユネスコ創造都市ネットワークを活用した海外の都市とのやり取り、関連の翻訳や通訳等という仕事を主に担当しています。

中学校4年(フランスでは中学校は4年間あります)のころ、趣味として日本語を独学で学びはじめました。どんどん日本へ興味を持ち、パリ第七大学東アジア言語・文化学科(LCAO)に入学し、日本学を専攻としました。学部3年と修士2年の時、神戸にある甲南女子大学そして大阪にある関西大学に交換留学しました。

今回の来日は5度目となりますけれども、札幌や北海道は初めてで、これからの様々な新たな経験や出会いを非常に楽しみにしております。札幌市初めてのフランス国際交流員として、日仏友好関係や交流に努めていきたいと思っております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。